MoPA | ログイン

岡田秀則 「赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界」
Hidenori Okada [ The Works of Hicozoh Akamatsu and Movie Title Design in Japan ]

220 Views

About the Exhibition

題名のない映画はありません。どんな映画も、題名とともに観客の記憶に刻まれてゆきます。そして、上映が始まる時、題名の文字がどのようにスクリーンに現われるかも映画の楽しみの一つでしょう。字体や大きさや色、動き方によって題字やクレジットタイトルが映画に与える効果は大きく異なりますが、それを具体的な形にし、映画の魅力を高めるのがタイトルデザインという仕事です。そのためにはデザイン力の高さだけではなく、作品...

続きを表示

会場: 東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室

会期: 2014年4月15日~8月10日

About the Speaker

岡田秀則 おかだ・ひでのり 1968年、愛知県生まれ。フィルム・アーキビスト、映画研究者。東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員として、映画のフィルム/関連マテリアルの収集・保存や、上映・展示企画の運営、映画教育などに携わる。近年携わった展覧会に「ドキュメンタリー作家 土本典昭」(2009年)、「アニメーションの先駆者 大藤信郎」(2010年)、「日本の映画ポスター芸術」(2012年)、「小津安二郎の図像学」(2013年)など。共著に『映画と「大東亜共栄圏」』(森話社、2004年)、『ドキュメンタリー映画は語る』(未來社、2006年)、『甦る相米慎二』(インスクリプト、2011年)、『岩波映画の1億フレーム』(東京大学出版会、2012年)、編著に『映画のなかのパリ』(柏書房、2010年)など。

About the Artist

赤松陽構造 あかまつ・ひこぞう 1948年、東京都中野区生まれ。1969年に急逝した父親の跡を継いで映画タイトルデザインの仕事を始めてから、現在までに400以上の作品を担当、現代日本の映画タイトルを代表するデザイナーとなる。日本タイポグラフィ協会会員。 第66回毎日映画コンクール特別賞、文化庁映画賞[映画功労部門]を受賞(いずれも2012年)。

What to Watch Next

徳山拓一

「アピチャッポン・ウィーラセタクン個展 -PHOTOPHOBIA-」

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)

タイ 現代

会田誠

「会田誠展 世界遺産への道!! 会いにいけるアーティストAMK48歳」

鹿児島県霧島アートの森

日本 現代

森村泰昌

「ヨコハマトリエンナーレ2014」

横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)

国際 現代